年賀状は日本人の中にある美しい慣習の1つです。親しくしている人にはもちろん、しばらく会っていない人には近況を一言そえた年賀状は、また交流が行われるきっかけともなります。

仕事関係の場合では、その中に義理というのも含まれるのですが、届いた年賀状は心の中にふんわりと温かな感じになるものです。

それの宛名書きになると、友達や、親しい人でしたら、横書きでボールペンを使って書くというのでも良いのですが、先輩や、上司、恩師などといった目上の人に出す場合には縦書きで、書体も崩さないようにきちんとした感じを与えるようにします。

自分で毛筆の手書きが1番良いのですが、とても忙しい人の中にはそれを専門のところに依頼する人もいるでしょう。

会社関係で出すときの宛名書きには相手の会社名、部署名、肩書きなど、名刺に記されている全てを省略しないで書きます。そして、同じ部署で知り合いが居たからといって、連名で出すのは失礼にあたります。

親戚、友達などの場合には何人の連名でも大丈夫です。むしろそれが喜ばれる場合が多いです。名前一人ひとりに様などをつけます。

いろいろ気をつけて用意していてもそれが元旦に届かないと興ざめです。なるべく余裕を持って年賀状の用意はしたいものです。

年賀状 宛名書き 依頼

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ